ナンパ初心者が最短最速で上達するために抑えるべき2つのポイント

ナンパを上達させるには、ナンパが上手い人のマネをすること。
これが鉄則です。

自惚れて、俺は独学でも上達できるんだ!と言っている人ほど、なかなか上手くならないものです。(独学で上達できるなら、とっくにナンパで成功しているはずですしね)

大切なのは、ナンパが上手い人のマネをすること。
そして、それをより確実にするためには、ナンパが上手い人の教えを受けられる環境に自分を置く事。

そして、同じ目標を持つ仲間を持つ事です。

ナンパの上達を加速させる環境を持つ大切さ

ナンパの上達を加速させるためには、ナンパが上手くならざるを得ない環境に自分自身を置く事が何よりも大切です。

それには次のような理由があるためです。

1 ナンパが上手い人に教わるのが基本

ナンパを上手くなりたいなら、ナンパが上手い人から教わるのが基本であり鉄則です。

ナンパをそこそこできる程度の僕のようなレベルの人や、ナンパなんてできないのに、ネット上ではできるかのように振る舞っている人に教えてもらっても、上手くなるわけがありません。

まず、ナンパが上手い人から教わるのがナンパを上達させる大原則です。

ナンパを教えられる人というのは限られる

「名プレイヤー名コーチ」にあらずという言葉があるように、プレイが上手いから教えるのが上手いと言うわけではありません。

教えるのが上手い人は、むしろ、凡人レベルの人からスキルを積み上げていった人です。知識と経験を言葉にしながら、自分の中に染み込ませていったという過程こそがノウハウですからね。

でも、そういう凡人からスタートしたと言う人ほど、自分はたいした事がないと思いこんでいるもので、人に教えるという事に躊躇していたりします。

ナンパを教えられて、ナンパも上手いという人は限られるので、そういう人を身近な所で見つけられないのが一般的です。

ネットなら、その両方を兼ね備えた人が居て、そういう人に教わった人は次々に実績を挙げています。

ナンパも上手く、教えるのも上手い。
そういう人に教えを請うのが、ナンパを上達させる秘訣です。

2 ナンパを上手くなりたい人が居るという安心感

ナンパが下手な人ほど、ナンパをしようとしている今の自分にダメだしをし、そして、自分には素質がない・・・と諦めてしまいがちです。

上手い人でも、100人中90人ぐらいには断られるものなんですが、それに慣れるまでは、どうしても、自分を否定されているような気持ちになります。

そこを乗り越える事ができるのかがどうかが一つの壁なのですが、それを乗り越える手助けをしてくれるのは、実際に乗り越えた人の存在だったりします。

あなたのようにナンパが下手だったよ、むしろ、もっとダメだったよ。
でも、こういう考え方を意識するようになってから、少しずつよくなったよ。

そんな励ましやアドバイスを受けられる同志が居る環境を持っていると、ナンパの上達は加速します。

でも、そんな環境は身近なところにはないものです。

ナンパを教わる環境に対価は当然必要

ナンパを上達させるために、上手い人の教えを受ける事が大切だとして、ナンパが上手い人が、あなたにナンパを教えるメリットは何があるのでしょう?

ここを考えられるのかどうかは、ナンパに通ずるものがあります。

双方にメリットがあるからこそ、行動を共にできるのです。
あなたにナンパを教える事によって、教える側にメリットは何かあるでしょうか?

ナンパが上手い人が身近に居ても、それを簡単に教えてもらえない理由は、ここにあります。

ナンパをあなたに教えるメリットがないからです。言い方を変えると、あなたがナンパが上手くなろうが失敗しようが、知っちゃこっちゃないんです。

だから、ナンパが上手い人はいい女を抱きまくり、ナンパが下手な人は、風俗で自分の想いを誤魔化すか、ナンパなんて・・・とナンパそのものを否定して、自己正当化しようとします。

それじゃいつまで経っても現状は変わりませんよね?

ナンパを教える人の多くは、そこにメリットがあります。
それを理解して、それでも良いと思える人だけが教えを受ける事ができます。

この当たり前の事を理解できない人は、ナンパどころではなく、人間関係が上手くいってないはずです。

ナンパマニュアルを販売している人を、お金を取るのか!と非難する人がいますが、対価を支払わず、相手が潤う事を考えず、自分は良い思いをしたい。

こんな本音を隠しているほうが、人としてどうかと思いませんか?

そういう人としての基本に立ち返ると、ナンパを教えてもらえる環境のありがたさや凄さというものを実感できるのではないのかな・・・と思いますよ。