ナンパを嫌がっているのに付いていく女性が居る本当の理由

女性はナンパを嫌がっているのでは?

そういう思い込みがナンパを難しくさせているという部分があるとは思いますが、あなたはいかがですか?

ナンパがイヤ。
これを額面通り受け止めてしまうと、損をします。というか、もう損してるでしょ?

ナンパがイヤなんじゃなくて、イヤなナンパをされたくないってだけなんだけど・・・それ以前に、なぜ「ナンパはイヤ」だと女性は言っているのか。

そこの理解を深めて、そして、ちゃんとしたナンパスキルを身に着ける大切さを理解するキッカケにしてください。

女性の「ナンパはイヤ」は建前と割り切ってもいい理由

女性の「ナンパはイヤ」という言葉。
全ての女性がそう思っているわけではなく、実際のところは「ナンパはイヤ」という建前で言っているだけという事もあります。

なぜそう言えるのか。
それは、女性は繋がりを大切にしたい生き物だからです。

女性は女性に認められたい

男性から見て、女性の「なんでだろ?」と思う事がいくつかあると思うんです。
あなたもあるのではないでしょうか?

例えば、ネイル。
男性はネイルにそれほど関心を示さないけど、でも、女性はこぞってネイルをしますよね。なぜでしょ?

化粧全般がそうかもしれません。
薄い化粧のほうが男性は好きなのに、なぜガッツリメイクをするのだろう・・・?そう思った事もあるはずです。

理由は、男性のためではないからです。
同性の女性に、「あの女性はダメね・・・」という評価を受けないために頑張っているんです。

女性は女性に認められたい!という願望があります。
ここをシッカリと押さえている事が大切なんです。

女性は女性の嫉妬を買いたくない

女性は女性から嫉妬されたくないと思っています。
これも、同性から嫌われたくないという女性心理のあらわれの1つです。

だから、欲しいと思っているけど、簡単に手に入らない何かを手に入れた時には慎重になりがちです。

それが「男性からの高評価」です。

男性から「カワイイ」とか「いい女だわ・・・」って賞讃は嬉しいけど、あまりに露骨に何度も貰うと、次は女性からの敵対心を買います。

よく女性が嫌う女性と呼ばれる人が居ますが、たいていは男性には高評価な女性です。

ナンパされるというのは、女性から見れば「女としての自慢」として捉えられるので、ナンパされたいとか、ナンパをされたという事をあまり言いたくないとも思っています。

ナンパが嫌いなんじゃなくて、そう言わないと、同性の女性からの嫉妬を買いそうだし、悪い評判が流れて女性達と距離を置かれたくないから・・・という本能的な計算で、「ナンパは嫌い」と言っている女性は多く居ます。

女性はナンパをされたい!ただし・・・

女性はナンパをされたいと思っている。
これはほぼほぼ間違いがありません。

でも、だからといって・・・という注釈がそこにはあります。

その注釈の部分を理解して、その注釈の部分を乗り越えるためのスキルがいわゆるナンパスキルと呼ばれるものなんです。

ナンパは女性の本能的喜び

ナンパは、いわゆる「あなたに興味がありますよ」というシグナルです。
ナンパされる事は、女性として喜びに繋がっている事はほぼ間違いがありません。

ただ、同時に、ナンパされる事への警戒心もありますし、先ほども書いたように、周囲の目があるので、喜んでいる姿を見せられないという事情もあります。

ナンパすれば落ちる女と思われたくない

ナンパをすれば落ちる女と思われたくないので、ナンパを断る女性は少なくありません。

実際、逆の立場で考えても怖いと思うんです。
いきなり声をかけられて、そこからその人についていく・・・なんて、警戒して当然だと思います。

それに、ホイホイ簡単についていく女だと思われているのかな・・・というのも、女性にとっちゃイヤなことですからね。

嬉しいけど、ついていけないというジレンマを抱えているので、そこを上手に解消してあげるナンパをしてあげるにはどうすればいいのか・・・。

そこが男性であるあなたの考えるべきポイントなんです。

ヤリマンと周囲に思われたくない

ナンパされてスグについていった・・・。
そんな評判が周囲に立てば、一気に「あいつはヤリマンだ」という噂が立ってしまいますのよね。

この手の噂は一度立てば、なかなか消えるものではありません。

だからこそ、女性は周囲の評判を気にして、ナンパについていく事には抵抗があります。

これは見方を変えるとこういう事でもあります。
身近な人間関係を壊したり、乱すような関係を持ちたくない。

ところが、ナンパはむしろ、周囲の人間関係を壊さず、乱さずに繋がりを持つチャンスでもあります。

つまり、ナンパは女性からすると、満たされない欲望を満たすためにはうってつけの出会いなんだけど、その相手が、自分にとって不利益な事をしないという保証がないので、ついていけないのです。

では・・・どうすればその部分を超えられるのか。
ここがナンパのテクニックの見せ所なんです。

ついていきたくなる誘われ方をしたい

ナンパをされたら、本能的には嬉しいし、実は周囲の評判を変えずに、欲を満たせるという事もあって、女性にとっても、うってつけの関係性の1つでもあります。

では、誘っている男が、ついていきたい誘い方をしているのかどうか。
誘っている男が、ついていきたいと思える男なのかどうか。

この2点をクリアできていないばかりに、ナンパが失敗に終わっているケースが少なくありません。

ナンパスキルを習得するのは女性のため

あなたは魅力的な女性です。
勇気を出して声をかけたくなるぐらいに、魅力的なんです。

ナンパという行為そのものには、そんなメッセージが秘められています。
これを嫌がる女性は居ません。女性として嬉しいんです。

でも、ナンパと言う行為から連想されるネガティブな事がひっかっかって誘いに応じられないという女性が多く居ます。

そこを理解してあげれば、ナンパというものは、実は女性に対してどれだけ思いやりと優しさを持って接する事が出来るかがカギを握っています。

いかに女性の感じているリスクや不安を拭い去ってあげるのか、です。
つまり、男性がナンパスキルをシッカリと学ぶ事は、女性のためでもあります。

あなたがナンパを難しいと感じているのは、そこを乗り越えるためのスキルやテクニックを持ち合わせずに何度も何度も失敗経験を重ねてしまうからです。

あなたは、これなら大丈夫!と言えるナンパスキルを持っていますか?