出会い系で会えないのは距離が原因だと思うといつまでも会えない理由

出会い系を使っても全然会えなかった男たちの阿鼻叫喚は、ネット上に転がっています。あなたも一度は見た事があるのではないでしょうか?

その阿鼻叫喚の文面を目にするたびに、そりゃこんな男じゃ会えないだろうよ・・・って思いますが、当の本人は自分は悪くない、他が悪い思っていたりします。

ダサいよな、ほんと。
普通にしてりゃ、会えるのに。

で、二言目の言い訳として、「遠くて会えないと言われた」という場所のせいにしている男がいるが、真に受けてるのか?とすら思う。

真に受けて、それなら位置情報でマッチングできる出会い系サイトなら会えるかも・・・とか思っているのか?と。

位置情報でマッチングできる出会い系サイトを使おうが、会えない男は会えないよって事を書かせてもらいます。

現実から目を背けたい人は読まない事をオススメします。

近いから会える、遠いから会えないというのは勘違い

実際に会うとなった時に、ある程度近い距離に居る相手のほうが会いやすいのは間違いはありません。

北海道に住んでいる人と、沖縄に住んでいる人が、「会いましょう」となったところで、実際に会うのは大変です。

場所が近いほうが会いやすいのは間違いありません。
でも、近いからたくさん会えるのかどうかは、別問題です。

結局は人と人の関係性を作れているのかどうかで、次に距離の問題が出てきます。

会いたいと思える相手という事が大切

距離という要素が重要になってくるのは、お互いに会ってみたいという気持ちが芽生えた後です。

極論を言えば、気持ちが芽生える前は、相手がどこにいようが関係ありません。

どれだけ近くに居ても、会いたくない相手とは会いたくないのです。

まずお互いに魅力を感じているのかどうかが大切で、そこがない限り、場所が近い、場所が遠いはどうでもいいのです。

遠くても会いたいと思えば会いにくる

手前味噌の自慢話になりますが、僕は地域が近い相手とだけじゃなく、2つ隣の県の女性や、飛行機を使わないと会えない距離の女性が、”会いに来た”ことがあります。

それだけ離れているのですから、日帰りではありませんよ。
同じホテルに泊まる前提で、です。

相手に会いたいと強く思わせる事ができれば、少々の距離はスパイスになるんです。

遠くから会いに来ている自分自身というドラマのような展開に酔っている事も相まって、会ったその日の夜は、何度も何度も行為に及びますし、かなり大胆です。

相手がその気になれば、少々の距離はネックにはなりません。
会いたいと思わせられているのかどうかが大切なんです。

会いたいと思わせる男になるために大切な3つのこと

基本は人と人の関係ですので、相手が会いたいと思えば、会う事はできます。

距離が遠すぎて会えないケースは一部の女性においては当てはまりますが(セフレが欲しい女性の場合は距離が重要)、距離が理由で会えない女性というのは、そもそも会いたいと思わせられてないだけのことです。

平たく残酷な言い方をすれば、魅力不足なんです。

モテないから出会い系を使えばなんとかなる・・・と短絡的に発想しても、全くモテないのも同じです。

そこで出会い系が悪いだなんだと自分以外が悪いと言い続けているから、いつまでもモテないって事にも気づいてなかったりします。

だから、出会い系で女性と会うためには次のような事は覚えておいて損はないと思います。

感情は理屈を超える

相手の感情を高める事ができれば、少々の理屈は飛び越えます。
でも、理屈で感情は高まりません。

理詰めで考えて行動する事は大切でも、理詰めで相手の感情を高める事はできません。特に相手が女性の場合は、理詰めはダメです。

泳がせるぐらいの余裕を持って接して、期待と不安のバランスをコントロールする事ができれば、女性の気持ちは高まります。

人は、安心と不安の中間地点に居たがる生き物なんです。

ブサメンに会いたい女はいない

ブスな女に会いたい男が居ないように、ブスな男に会いたい女も居ません。
この場合のブスは、見た目もあるが、内面のブスさ加減も当然関係してきます。

出会い系サイトは、外見も大切ではありますが、実際に会ってみたいと思わせる決め手は、言葉です。

その言葉を生み出すのは、自分の中にある感じ方や考え方なので、感じ方や考え方をバージョンアップし続ける事が大切です。

スキルで補う

恋愛においてスキルに頼り切るのは考えものですが、スキルを軽視するのもまた考え物です。

そもそもスキルとは何かとなると、それが上手くできる人のやり方を手順化して、苦手な人でも一定のレベルに押し上げるためにあるものです。

簡単に言えば、弱点を補うためにあるのがスキルです。

先ほど言葉が大切だと書きましたが、言葉での表現が苦手な人は「俺には無理だ」と感じたかもしれませんが、その結論はまだ早いってことです。

言葉での表現が苦手だ・・・と思うの人でも、一定の成果を出すためにコミュニケーションのスキルがあります。

例えば、会話の中には”質問”が必ず含まれますよね?
その質問をコントロールするだけで、相手をこちらが望む方向へと導く事ができます。

なぜなら、質問は相手の思考を支配するという特性があるためです。

ところで、これを読まれているあなたの今いる場所の天気はどうですか?

今この質問を読んだだけで、一瞬あなたは「天気?」と、天気に意識が向きましたよね?
僕が書いた質問が、あなたの思考を一瞬支配しました。

質問を上手に使うだけで、相手は自分の意識で自発的に考えたつもりで、こちらの思っている方向に導く事もできます。これもスキルなんです。

そういう技を多く持っているほうが、当然出会い系でも有利になりますし、出会い系だけではなく、アナログな出会いでも有利だし、異性関係だけではなく、仕事の上でも有利です。

スキルを身に着ける事が、結果を左右します。

会う前提の女性を確実に落とすためにも

出会い系サイトの中には位置情報でのマッチングができるモノや、都道府県別の掲示板が用意されているモノも多くあります。

それらを利用する女性は、高確率で”会う前提”の女性です。
場所を気にする理由は、会える距離なのかどうかを気にしている証ですからね。

ただ、そういう女性であっても、相手は誰でも良いってわけではありません。

会いたくない相手とは会いませんし、会える相手となら、場所に関係なく会いにくる女性がいます。

会いたくない相手とは会いません。
だから、自分自身が会いたいと思わせるだけの何かを相手に伝える事、相手の中から引きだす事が大切です。

それができれば、会う前提の女性となら簡単に会えます。

何事においても同じですが、全ては自分次第です。

それがわからない負け犬の男が、出会い系で会えない阿鼻叫喚のはけ口としてネットを使っているだけのことです。

自分を磨く事を、決して簡単とは言いませんよ。実際簡単じゃありません。
簡単じゃないからこそ誰もやらないし、だから、スキルを身に着けようとする男は勝ち続けるんです。

メカニズムでいえばシンプルなんです。

でも、やらない人はやらないんです。

ここまで読んだあなたがどういう行動を取るのかはわかりませんが、決断から行動までの時間が早い男じゃない事を願うばかりです。

そういう男はライバルになりますから。
できれば、ちんたらあれこれ言い訳しながら先延ばしにして欲しい。

やらしいですが、それが僕の本音です。

というわけで、距離が原因で会えないと思っているのは大間違いだぞって事を書かせてもらいました。参考になりましたら、幸いです。