ナンパならではの女性心理への理解が重要になる理由

ナンパをする時、その相手は女性であるということ。
この基本の部分、当たり前の部分を軽視していませんか?

相手は女性なんだからこそ、女性への理解を深める事が大切です。

ナンパは文字に出来ない部分こそが大切

ナンパとはつまり会話。
そして、女性との会話は”印象”が大きなカギを握っています。

ナンパがうまくいかないのなら、どんな印象を与えているのかを一度振り返ってみて、そこを学び直す事が突破口になる事がありますよ。

つまりはコミュニケーションだから

ナンパって特別なスキルが必要なようで、その土台はコミュニケーションです。

話して、聞いて、察して・・・の連続で、その中でいかに互いが同じ時間を過ごすという着地点に到達するのかがナンパです。

そして、コミュニケーションは文字や言葉などの情報はそれほど重視されていません。

表情や雰囲気などの非言語の部分がコミュニケーションに大きな影響を与えています。(メラビアンの法則と呼ばれるものです)

表情や雰囲気などの非言語の部分、つまり空気感や雰囲気もナンパの成否に関係しているのです。

雰囲気や空気感をどうやって学ぶのかがナンパを上達させる上でのカギになります。

テンポや相手の表情など文字にできない部分が多い

雰囲気や空気感の一部ではありますが、会話の中におけるテンポをどうコントロールするのか、相手の表情をどう読み取るのかも、ナンパを成功させる上で大切になります。

例えば、テンポの遅い会話は、落ち着いた雰囲気を醸し出す事ができれば、時にはそれが暗い雰囲気として伝わる事もあります。

その違いが生まれるのは?

そのような事が分かっていれば、テンポをコントロールするだけで女性の求める雰囲気を演出する事ができますが、分かってないと、裏目に生き、マイナスな印象を残す事があります。

そして、それらは女性の表情をどれだけ読み取れるのかもカギを握ってます。

女性は雰囲気や全体を重視しているから

よく、女性が記憶しているのは”印象”だと言います。

女性は雰囲気や全体というものを感覚的に捉えたいという性質があるため、記憶には印象が残るとされています。

例えば、男性は理路整然とした会話が好きで、テーマに沿って内容を積み上げていく事が重視されますよね。

何について、どういう展開で、どんな結論になったのかという事を男性は覚えているものですし、途中で喧々諤々の雰囲気になったとしても、結論として良いモノがでれば、それで良しとする部分があります。

でも、女性の場合は少し違うとされています。
理路整然としていても、結論が美しくても、途中の印象が最悪なら、それは最悪な会話なんです。

ナンパも同じです。
どんな印象を女性に与えるのかが大切ですが、では、どんな印象を残せばいいのでしょう?

その答えがある男性がナンパが上手い男です。

相手は女性であるという前提で学ぼうとしていますか?

雰囲気とか印象とか、いわゆる右脳的な事が女性の好きな事とされています。
もちろん、一般論の話であって、個人差はありますので断定して決めつけるのはよくありません。

ただ、一般論としてのイメージが描けているのかどうかで、ナンパでの迷いが減りますし、ナンパを戦略的に進められるようになります。

一つ正しい方法と知っていれば、これはちょっと違うな・・・と感じた時は、その違いに対応していけばいいだけですので、思考も行動もシンプルになりますからね。

そういう意味で、まず女性が印象を重視することをちゃんと認識する。
その上で文字情報や理論だけで武装しようとしない事が大切です。

どんな印象を醸し出せば、女性は落ちやすくなるのか?
それを体現できる男なのかどうか、そもそも、その印象が何かを分かっているのかどうか、です。

今のあなたはいかがですか?
理論だけ揃えばナンパはうまくいくと勘違いしていませんか?