位置情報を活用できる出会い系を利用する女性はセフレにしやすい理由

出会い系でセフレを作るのはある意味ではセオリーの1つです。
その上で重要になるのが、なるべく近場の女性と関係を持つということ。

近ければ良いという事もありませんし、近すぎてもダメなのですが、なるべく近くにいる相手と会う前提で出会い系を活用するのがポイントです。

セフレを作るなら”距離”についての考察を深めておこう

ヤルだけ。
ただそれだけの事なら、実はそれほど距離は関係がない。余程遠くに住んでない限り、ある程度の距離はむしろいい方向に作用する。

ただ、セフレを作る為に出会い系を作るなら、距離がある程度近いほうが良い。
これには次の2つの理由があるためです。

セフレ関係とは何度も関係を持つということ

セフレとは、一度の関係が二度、三度と続く事を言いますよね?

一度目は勢いや気持ちの高まりもあって意外と簡単に関係を持てても、二度目、三度目となると気持ちが少しずつおさまったいく。

そうなると、遠くにいる相手と会おうとは思わないものです。
ある程度近場にいる相手と関係を持つのが、セフレ関係を作る上では大切なポイントになってきます。

コストが熱量を上回る関係

セフレ関係を作る上で僕が意識しているのは、コストを上回る関係性を作れるのかどうか、です。

コストというと、わかりやすい所では時間とお金です。
わかりにくい所でいうと、気遣いも含まれてきます。

相手のために費やす労力以上のリターンが無ければ、人間は行動しません。

距離が遠いという事はそれだけで高コストになりますから、リターンがそれに見合わないとセフレ関係は維持できません。

特に緊張感や新鮮さというワクワク感が薄れていくのに、物理的な距離は変わりませんから、セフレ関係の維持は難しくなっていきます。

距離がセフレ関係に与える影響は、決して小さなものではありません。

女性が出会い系でセフレ探しをする時にチェックしているポイント

セフレを作る上での”距離”について理解を深めて頂いたところで、改めて女性目線で考えてみてほしいんです。

女性が絶対にセフレとして避けたい相手はどのような相手なのか。

基本的な事ではありますが、僕の経験上、次のような点を持つ男ではないのかどうかを女性はチェックしていると思っています。

結論だけでいうと、そこそこの近場で切りやすい男を女性はセフレ相手として求め、そいう男を出会い系サイトで探しています。

遠すぎない相手

どれだけ魅力的でも、あまりにも遠い相手とは、コミュニケーションを深めようとはしないものです。

遠い相手と会うためには、それだけの労力が必要になります。
一度きりの相手なら遠くても問題はありませんが、何度も会う相手にその労力を費やすのだとしたら、それはセフレを超えた関係を期待しているということです。

セフレ関係として継続した関係を男性に求める女性は、意外と距離を見ています。

切りやすい相手

セフレとして最も重要なのはここです。

抱かれたい相手かどうかよりも、切りやすい男かどうかです。
後腐れなく、スムーズに別れる事ができる相手じゃなければ、会ってみようという気持ちに女性はなりません。

粘着されてストーキングされるようになると、それこそ最悪です。
そういう男じゃないかどうかを、女性はずーっとチェックしています。

距離を気にする時点で会う前提

女性が出会い系サイトを通してセフレ相手を探す時には、まずその男の本性のようなものをチェックしています。

万が一にでも変な男なら最悪ですからね。
変じゃないと確信できた上で、近ければ会ってみようかな・・・と思うモノです。

会ってみて、抱かれてみて満足できれば、もう一度・・・となりやすくなります。

ただ、そのような相手を見つけるのは簡単じゃないから、女性は出会い系サイトを利用しています。

人間として普通の人なのかどうか。
そして、距離的に無理のない所に居る人なのか。

これを簡単にチェックできるのは、これだけネットが発達した世の中にあっても、出会い系サイトが一番便利でラクチンだからです。

セフレを作る上で出会い系サイトは有利ではあるのですが、有利である理由は、お互いの居場所をある程度絞り込めるからです。

会う前提、抱かれる前提で登録しているのですから、仲良くなっていい感じになって、実は飛行機で行かなければ会えないなんて事になるのは絶対に避けたいのです。

出会い系サイトのGPS機能を設けたマッチング機能や、都道府県別掲示板など、場所を限定した交流場所が盛んなのはそのためです。

そのような機能を設けている出会い系サイトを利用すること。
これが近場でセフレを作るコツの1つでもありますよ。

よければ参考にしてみてください。