本物の会員数が多い出会い系サイトかどうかを見分けるための考え方

会員数が多い出会い系サイトはどこだろう・・・?

出会い系サイトを利用する際に、必ず目安にするポイントだと思います。
会員数が多い方が出会いのチャンスは多くなりますので、会員数が多い出会い系サイトを選ぶのは間違いなく、いい考え方だと思います。

ただ、会員数が多いだけを基準にしていると、見落とすポイントがいくつかあります。

例えば、悪質な偽物の出会い系サイトに引っかかるかもしれません。
悪質な偽物の出会い系サイトほど、会員数を大きくしておけば引っかかる人がいると熟知していますので。

そのような悪質な出会い系サイトを避けるためにも、”本物の”会員数が多い出会い系サイトを見つけるためのポイントを紹介させて頂きます。

出会い系サイトの会員数を見る時に意識したい3つのポイント

まず出会い系サイトが公表している”自称”会員数。
この数字を見る時には、次のポイントは意識して見るようにしてください。

  • 会員数は累計会員数である
  • 会員数全てが活動しているわけではない。放置アカウントもある。
  • あくまで自称である。

この3点です。
こうしてポイントを挙げてみると、会員数はあまり鵜呑みにしないほうが良いように感じるのではないでしょうか?

各ポイントをもう少し深掘りします。

累計会員数である

各出会い系サイトが公表している会員数は累計です。
累計ですので、実人数はグンと下がると考えてください。

例えば、1人のユーザーが入会と退会を繰り返して、計3回入会したのなら、累計人数では3人となります。

3回登録したという事は、それだけ何か魅力を感じる何かがあったという事ですから、決してマイナス材料ではありません。

ただ、あくまで累計会員数であるという事は覚えておいてください。

全てが活動しているわけではない

累計の会員数ですから、実登録人数はグンと少なくなります。

その上、全ての会員が積極的に活動しているわけでもありません。男女問わず多くのアカウントが、基本は放置状態です。

もちろん、これもそれがダメだという事ではありません。
女性の放置アカウントも、ふと急にログインする事がありますので。

ただ、会員数イコール全ての人が活動しているわけでもありません。

あくまで自称である

あくまでその出会い系サイトが発表しているだけであって、客観的な何かで計測した数字ではありません。

ここは大切なポイントです。

悪質な出会い系サイトが「圧倒的な会員数をもっています」とウソをつき放題という事です。

自称の会員数なので、「それが本当なのか?」と疑ってかかり、「ウソじゃないな・・・」と見極める知識が大切になってきます。

出会い系サイトが会員数を増やすために欠かせない3つの要素

出会い系サイトの公表している会員数をいきなり100%信じるよりも、本当か?と疑ってかかり、多分、この数字は間違いがないな・・・と自分自身で感じ取ること。

これが出来る知恵がない限り、会員数を知った所でそれほど意味はありません。

出会い系サイトの会員数は自称であり、悪質な出会い系サイトも自称でウソをつくかからです。

では、どうすればその会員数を見極める事ができるのか。

それを見極めるためには、会員数を増やすために出会い系サイトにどのような事を積み重ねなければいけないのかを軸にして考えていく事が大切になります。

広告投資

サイトを立ち上げただけでは会員が増えません。
サイトの存在を知ってもらうための広告投資が欠かせません。

広告投資をして登録者数が増えても、1人や10人程度では利用者は満足を得る事ができませんので、まとまった利用者数を獲得できるまで、継続的な広告投資が必要です。

満足度

その出会い系サイトを利用してみたけど、いまいちだった・・・もういいや。

そう思う人ばかりでは、会員が定着せず、悪い評判がグッと広がってしまいます。

本当に出会えるんだ!という体験を会員さんに提供できてこそ、出会い系サイトは成長します。

法令遵守

出会い系サイトが誕生した直後は、非常に荒れていました。
犯罪も多くありました。

社会問題にもなりましたので、その後、色々な法的整備がされてきました。

例えば、出会い系サイトは届け出が必要な事業ですし、会員登録に免許証などの個人証明が義務化されました。

このような法令への遵守を徹底できている出会い系サイトだけが今は残っています。

悪質な出会い系サイトを見抜くのも簡単

出会い系サイトは、会員数を増やすためには投資が必要ですし、利用者の満足度も大切ですし、世の中への対応も不可欠です。

それらが出来ている出会い系サイトだけが今は残っています。

逆に言えば、悪質な出会い系サイトを見抜くには、それらが出来ていない出会い系サイトはどこなのか?という視点を持っていれば、グッと見つけやすくなります。

運営歴が不可欠

大手優良出会い系サイトの多くは、10年以上運営しています。
そして、毎年毎年広告投資を行い、知名度を高め、会員さんの要望に応え続けながら会員数を少しずつ増やしてきました。

決して数日や数カ月で積み上げた会員数ではありません。

悪質な出会い系サイトはユーザーを騙すために大きな会員数を誇るようにみせかけますが、老舗の大手優良出会い系サイトが10年以上かけて積み上げてきた会員数を簡単に獲得できるわけがありません。

万が一、膨大な広告投下を行えばもしかしたら・・・という部分はありますが、出会い系サイトはテレビ広告は難しいですし、ネット広告は規制で厳しいですし、アナログ広告も良い枠は大手出会い系サイトが抑えています。

どのように、会員を獲得するのでしょう?
新参の出会い系サイトが大手並みの会員数を持つ事は、物理的にほぼ不可能です。

本物の会員数が多い出会い系サイトを見極めるということ

ここまでお読み頂いておわかりだと思いますが、出会い系サイトの会員数は一気に増えるものではありません。

「出会い系サイト」は社会的にあまり歓迎されていない存在ですから、広告を出したくても、ドンと広告を出せないのです。

だから少しずつ少しずつ積み上げていくしかありませんから、まとまった会員数を得るためには、ある程度の時間が必要です。

時間が必要なのですから、10年以上運営しているような大手出会い系サイトは会員数が多いです。

例えば、全出会い系サイトでトップクラスの会員数を誇っている僕が普段使いしている出会い系サイトは、10年以上運営している老舗です。 → こちら(R18)

このレベルには、そう簡単に到達できません。
つまり、出会い系サイトの会員数を見る時には、次のような事を意識してみてください。

  • 運営歴が長い出会い系サイトの会員数は信じるに値する。
  • 運営歴が短い出会い系サイトの会員数は少なければ信じていいが、多ければウソと思っていいし、胡散臭いサイトだと判断していい。

運営歴という目安を基準にしてみてください。

たったそれだけの事ですが、一朝一夕で人数は増えないのが出会い系サイトですので。もし、運営歴がわからないような出会い系サイトがあったのなら、それは危険なサイトという事ですよ。

これを読まれたあなたは、もうその出会い系サイトが本物か偽物かを見分ける目利きになりましたね。