出会いが少ない田舎であっても春先の出会い系サイトでは強者になる

都会が良いとか、田舎がダメだとかを言いたいのではありません。
シンプルに、理屈として、人口がすくない場所、特に人口密度が低い場所では出会いの絶対数が少なくなります。

出会いがあったとしても、それは職場の面々や、よく見るご近所さんなどの、限られた生活圏でのことであって、新たな出会いではなく、良く出会ういつもの出会う人々です。

田舎暮らしはどうしても、出会いの絶対数に恵まれていません。
ただ、出会い系サイトにおいては、田舎暮らしが有利に働く時期があります。

その有利に働く時期に動くこと。
それが出会いをモノにする上では大切で、出会いをモノにする上でのツールとして出会い系サイトは非常に優秀なんです。

田舎暮らしだからこそのメリットがあります

田舎暮らしであるという事は悪い面ばかりではありません。
田舎で生きていく上では次のような点はかなり有利です。

移動手段が自動車である

田舎で生きていく上では、自動車は不可欠ですよね?

正直なところ、メインの移動手段が自動車なのか電車などの公共交通機関なのかの違いが、田舎か都会かの違いだと僕は思っています。

そして、「自動車を当たり前に持っている」という事が、出会いを生み出す上では次のような点で非常に有利に働きます。

スグに会いに行ける

自動車の利便性の一つに、スグにどこにでも移動できるという事にあります。

この”スグに”というメリットは、公共交通機関で実現するのは少々難しいです。

都会でスグに移動するを実現するにはタクシーを使えば事足りますが、当然お金が必要になりますし、目的地に到着した後、さらに移動するとなると、またタクシーのお世話になる事になります。

何度も利用すると出費がバカになりません。

ただ、自動車を持っているという事は”スグに移動できる”というメリットを確保しているという事です。

つまり、会いたいと思っている女性が居れば、スグに会いに行けるということです。

ドライブデートも出来る

自動車を持っていますので、ドライブデートができます。

自動車を所有していて、それに慣れてしまうと、どうしてもそこに価値があるように感じにくいかもしれませんが、これは女性にとっては、魅力的で価値があることの一つです。

自動車に乗り、会話をしながら、変わりゆく景色を眺めながら当てもなく車を走らせるであったり、目的地に向かうであったり。その行程そのものにトキメキを覚える女性は多く居ます。

車がデートのアイテムにならないとする説が時々聞かれますが、あんなのは大嘘です。未だに現役で女性をデートに誘う絶好のアイテムです。

特に、自動車で移動する生活に慣れてない女性には、新鮮でワクワクするイベントそのものです。

出会い系に登録する新社会人女性のある共通点

出会いの絶対数が少ないというデメリットがある田舎ではありますが、田舎暮らしだからこそのメリットもあります。

それは自動車を当たり前に所有しているという事です。
このメリットを活かさない手はありません。活かさずに出会いを増やすというのは難易度が高すぎます。

そして、そのメリットを活かしやすい時期が春先の出会い系でもあります。

なぜなら、この時期は新社会人の女性が多く登録する時期でもあり、そして、”スピード重視”で動ける人にとても有利なのです。

新社会人女性は不安で寂しいから出会い系に登録する

新社会人になるという大きな環境の変化。
いつも会っていた友達と離れ、新しい人間関係の中に飛び込む。

しかも、仕事として半人前なので、覚える事が多く、自信を喪失する時期でもあります。

人によっては、慣れない場所へと引っ越して生活を始める事になりますので、公私ともに大きな変化が起きていて、強烈なストレスを抱えています。

そんな時、誰かに甘えたいと思うものです。

でも、新しい生活の中で甘える相手を探すのは、これからの事を考えると・・・と二の足を踏む新社会人の女性が多く、でも、誰かに甘えたい・・・。

そう思って出会い系に登録するのが春先の3月、4月です。

ただし一過性の衝動的な登録が多い

出会い系に登録している新社会人女性の傾向を僕の経験を踏まえていうと、非常に一過性の衝動的な登録が多いです。

ある程度の時間が経過すると、登録を削除したり、ログインしなくなります。

新しい生活に慣れ、人間関係にも慣れ、仕事も一人前ではないけど、不安のピークを超えたので、精神的に安定してきつつあるためです。

実際に、僕が出会った新卒女性は、GWを超えたぐらいで、急に連絡が疎遠になるケースがいくつかありました。返事は来るが、会うのははぐらかされる・・・みたいな。

新社会人になった事で生まれる不安と寂しさが出会い系に登録する動機ですから、その動機の部分が弱くなると、出会い系で活動する理由が弱くなるんです。

出会い系サイトじゃなく、日常生活の中で満たされ始めますから。

だからこそ、短期決戦的に動ける男が有利で、その時期にガサッと一気にモノにする事もできます。

スピード勝負が最高に生きる時期

田舎暮らしは車を当たり前に所有している事がメリットである。
それは、いつでも移動できるという最高のメリットを持っていると先ほど書きました。

そして、春先に出会い系サイトに登録する新社会人女性は、不安や寂しさを日常の人間関係に影響を与えずに”今すぐ”解消したいためです。

最高に相性が良い組み合わせだという事はお気づきいただけるのではないでしょうか?

新社会人の心理状態を理解する事が、出会い系に登録している新社会人女性を落とすコツです。

いつでも移動できる男性、不安を今すぐ解消したい女性。
条件的には最高の組み合わせです。

僕は田舎育ちの都会暮らしなのでどちらの生活も知っていますが、正直、この時期は自動車を当たり前に所有している田舎暮らしの方がたに嫉妬してしまいます。

なぜなら・・・。

出会い系でのやり取りは1:n。だけど・・・

出会い系での女性とのやり取りは、1対1ではありません。
やり取りそのものは1対1ですが、同時進行的に複数の男性とやり取りをしている女性ばかりです。

これを前提にして戦略を練る事が出会い系で勝つためのポイントになってきます。

例えば、相手が慎重な女性なら、自分が最後の数人の男性に絞り込まれたと感じるまで勝負をかけない。数人に絞られたかな・・・?と感じたら、会う約束をするようにしたほうが、僕の経験上、上手くいきます。

ただし、これは普段の場合です。

普段、出会い系サイトにいる女性は漠然と日常的に寂しさを抱えている事が多く、その寂しさが画期的に解決されない限り、男性とのやり取りをやめる事はありません。

ところが、新社会人が抱える不安や寂しさは、多くの場合は時間と共に解決します。要は、社会人としての新しい環境に慣れてしまえば解決するのです。

だから、女性が「寂しいな・・・」と思っている瞬間と時期を逃さない事が大切です。

僕の友達の話になりますが、高速道路を走っている時に連絡が来たので、サービスエリアに車を停めてかけなおすと、意外と近くにいると分かったので、すぐに会って、その足で夜景を見に行った男がいます。

ただ、車酔いするタイプの女性だったため途中で吐きそうになったらしく、休憩と称してホテルに入って、流れでそのまま御馳走様としたそうです。

寂しいと思っている時期だから、話を聞いてくれる相手に連絡をしたくなる。
意外と会えそうだねってなると、車ならスグに会いに行けます。

出会い系に登録する新社会人女性が寂しいと思っている時期は、長くても数カ月程度のものなので、会いたい時にスグに会える短期決戦が出来る男が有利です。

短期決戦を可能とするツールとして自動車を所有しているというのは、武器なんです。

”当たり前”は場所が変わればメリットになる

いかなる時も自分の持っているもので勝負するしかありません。

田舎には出会いがない・・・と嘆くのも良いですし、実際に嘆きたくなる気持ちはとてもよくわかります。

ただ、田舎暮らしと都会暮らしを比較すると、田舎暮らしだからこその有利な面が必ずあり、その一つが自動車です。

都会は公共交通機関を使えば移動が楽とはいえ、常に便利って事ではありません。
同じ1時間で移動できる距離は、高速道路などを使えば自動車のほうが長いのではないでしょうか?

また、あまり電車が走ってない地域の女性とやり取りを開始してしまうと、会うコトそのものが大きなイベントになってしまい、女性も会う事に抵抗を感じてしまいます。

でも、そんな女性に、自動車を持っている男性がアプローチすれば瞬殺かもしれません。
電車が走ってない地域であっても、簡単に会いにいけますから。

田舎だから当たり前に自動車を持っている。それを最大限に活かしましょう。

しかも、出会いに登録して出会いを求めている新社会人女性というは、つい数日前、数週間前まで女子大生だった女性です。

出会いとしては悪くないでしょ?
誰かと会いたいと思っている元女子大生が、春先に出会い軽視後にドンと登録します。

[st-card id=578]

お腹がすいている人に食事を出すから喜ばれます。
会いたいと思っている女性に、会えるよって思っているあなたがアプローチするから、簡単に会えます。

物事はいつでも需要と供給です。
こういうチャンスをモノにしていってください。